ノンケ

明らかにノンケっていう感じのが、店に入ってきたときに、みんなやっぱりその客のことじっと見ちゃうよね。
意識しちゃうというか。
ゲイが多い店って感じで、ネットで出るようになっちゃって、それ以来割と興味半分でその店に来るノンケが増えたのよ。
だけど、だいたい、数人で一緒に来るとか、ゲイに連れられてくるとか、そんな感じだったけどね。
そのノンケは一人でいきなり店に入ってきたから、ついみんな「え?何?」って感じで見ちゃって。
あ、いや、別に一見さんお断りとか、ゲイ以外の人はお断りとかそういう店じゃないのよ。
ただのバーだよ。
だけど、知ってる人じゃないと、見つけにくいところにあるから、ふらっ知らない人が来るというような店じゃないの。
ノンケ喰い
そのノンケも、妙な雰囲気に気づいた時点で帰ればいいのに、ちょこんと席に座ってコークハイとか注文しちゃって。
もう、注文取りに行った店員もおっかなびっくりよ。
お互い様だけど、もう緊張が店の中を駆け巡ってたよね(笑)
こっちもこっちで緊張するし、向こうも居心地悪そうで・・・
お互いがお互いに「ごめんなさい」みたいな?
妙な気を遣う雰囲気が漂っててさ。
それで、バーのママ的な・・・人が逆に盛り上げようとしてカラオケ歌いだしたんだけど、そのバーのママ的な・・・人さ、演歌しか歌えないんだわ。
それで捨てられただの、尽くして報われなくてもそれでもいいのみたいな女演歌を歌っちゃうもんだから、俺らシーン・・・・みたいな・・・。
ノンケって無垢な存在を前にすると、俺ら、どうしたらいいか分かんないんだよ!
スカイプオナニー
バイブ